はるかは、1977(昭和52)年に岩手大学農学部の園地(岩手県盛岡市)において、ゴールデンデリシャスの自然交雑種子を播種し、翌年、その実生の中から選抜、以後、増殖を行いながら特性の調査を継続し、1990(平成2)年に同大学農学部附属農場(岩手県岩手郡滝沢村)のM91マルバ台に接木後、1994(平成6)年に最終選抜、1998(平成10)年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したものです。品種登録は2002(平成14年)です。近年、遺伝子分析の結果、花粉親はスターキングデリシャスであろうといわれています(文献1)
 外観が円錐形で、中ぐらいの大きさの、黄色い果実です。種子親のゴールデンデリシャスより、王冠が発達しています。11月下旬に成熟する晩生種とのことです。今回購入した、上の写真のりんごでは、重さが230〜300g程度でした。
 果実の萼(がく)は、上の写真のように開いています。がくあ
(萼窪:萼付近の窪み)の深さや広さ、こうあ(梗窪:果梗付近の窪み)の深さや広さ、果点の大きさ及び密度は中位です。スカーフスキンがあり、果実表面を撫でると少しザラザラします。果梗の長さや太さは普通です。また、肉梗が見られます。果肉の色はやや黄色で、果実を切っておくと褐色化しますが、その強さは中程度です。(文献1)
 2009(平成21)年4月1日に、十和田市道の駅の農産物直売所で購入しました。購入時期が、すでに春でしたから、収穫間もない時期の食味はわかりませんでしたが、2014年12月20日に、青森市内のスーパーで純情はるかという商標名で「JA全農いわて」のラベルが添付された完熟した果実を購入することができました。糖度17.3%で甘く、適度の酸味と香りをもち、硬めで、風味のあるおいしいりんごでした。

 『冬恋』の開発背景について
はるかは、従来のりんごの栽培方法では、果実が小さく、高糖度・高蜜入りりんごの割合が極端に少なく、凍結などのリスクが大きい等の理由から栽培が難しいりんごと考えられていました。
 岩手県では、2002年3月、県内の生産者を対象とした「はるか研究会」を立ち上げ、本格的な栽培研究を始めました。その後、栽培条件による大きな品質格差が確認されたため、生産者の技術と意識統一を図ることを目的に、2008年4月「岩手はるか研究会」を設立(後に「岩手冬恋研究会」と改称)。同11月に冬恋の商標を出願し、同時に全国一斉発売をしています。設立当初33名であった会員数も200名を超えました。
 冬恋には、専用の袋を用い、栽培期間から消費者の手元に届くまで大切に育てられます。糖度を上げて、蜜入りを増やすためには、落葉期である11月下旬頃に収穫する必要がありますが、この時期は、果実が樹上で凍結する可能性があるため 2枚重ねの特殊な袋を一玉ずつ丁寧にかけて果実品質を高めます。
 冬恋の有袋栽培で使用される袋は、光の透過率を上げると果実の糖度は上昇しますが、蜜入り指数が悪くなります。岩手冬恋研究会は10年以上継続し、最適な光の透過率を試験し続けており、この専用の袋は、生産農家によって、色、材質を研究しながら使用しています。
 選果するときは、1玉1玉を光センサー選果機によって、糖度、蜜入り指数を分析、個々の果実に近赤外線を照射し、果実内部を透過した光の分析をし、果実の成分や状態(糖度・酸度・内部障害等)を計測し、その結果によって、下図のように、「純情はるか」「冬恋」「プレミアム冬恋」に区分します。これらの選果工程を経ていないものや、他地区産の果実が、「はるか」として市場に出回ることになります。
(文献2)
 
 はるか果実の選果基準
上図の蜜入りりんご断面図は、文献(2)より、借用しました

(文  献)  (1)  森谷茂樹、岩波宏、岡田和馬、山本俊哉、阿部和幸     2015/02/20 農研機構
  
SSRマーカーによる栽培および台木用リンゴ品種の判別と親子鑑定
https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/fruit/2011/142e0_10_10.html
 
(2)
 岩手県産プレミアムりんご『冬恋』とは
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000023084.html