春紅玉はるこうぎょく) は、青森県三戸郡南部町相内の木村律行 (ただゆき) 氏が、自分の紅玉の畑に実生(おそらく紅玉のオープン実生 )が生えているのを見つけ、そのまま栽培を続けたところ、今まで見たこともない特徴がある果実を付けることに気付き、三戸郡五戸町の種苗店・野村園芸農場の野村敏夫場長に話をしたのがきっかけで、新品種として公になることになったものです。今から10年以上も前のことです。
 野村氏はこのリンゴを自分の圃場に移植し、観察を続けた結果、優れた性質があることが分かり、「春まで保存ができる紅玉」という意味で、春紅玉という品種名で、果樹苗木カタログ
(文献)に掲載し、その苗木を2005(平成17)年春から販売したものです。野村氏によると、紅玉はモニリア(リンゴの病気) に弱いが、春紅玉には抵抗力があるとのことです。
 また、購入した果実表面に、径数ミリ程度の黒い斑点があるものが数個ありましたので、県りんご研究所に持参して伺いましたら、コルクスポットと言われている生理障害で、木が若く、勢いがよいと発生しやすいが、栽培管理とスイカルなどカルシウムを含む農薬で、ある程度防ぐことができるとのことです。
 青森県では、まだ(
2011年現在) 、店頭で見かける機会はありませんが、インターネットを介して、長野県の農園から通信販売で手に入れることができました。注文の際に「大小取り混ぜて」とか「シュートについている葉も欲しい」とか我儘な注文をさせていただきました。誠に申し訳ありません。
 果実の大きさは、栽培の仕方によって、いろいろ変わるものですが、送っていただいたものは、小さい果実は 280g 程度、大きいものは 400g もありましたが、野村園芸のカタログには「果重は 250g 前後」とあります。200〜300g のりんごと考えてよいのでしょうか。
  酸味、肉質とも紅玉と似ていますが、硬くて、やや粗です。酸味がより強く、糖度も15度と高く、肉質はより硬く、保存がききそうです。外形は、紅玉よりごつごつした感じで、円形の濃い色の果実です。縞模様があり、果点は普通です。葉の形や鋸歯、裏面の様子も違います。紅玉には見られないスカーフスキンが見られますから、同じ濃赤色でも、紅玉のように澄んだ色ではなく、濁りのある色の果実です。
 酸っぱく硬いりんごを好きな方は、生でもおいしく食べられ、料理用としても活用でき、保存のきく果実を付ける品種で、
欧米でも好まれそうなりんごです。
 無暖房の部屋に保存しておいた果実を、1月下旬に食べてみましたが、やはり、やや硬くしっかりした果肉で、甘味と酸味が強く、生食で美味しく、熱を加えても形が崩れにくいりんごでした。 
 長野県から送られてきたりんごの箱の中に案内状が入っていて、その中に、次のような文章が書かれていました。
 
春紅玉は、酸味が強くパイやジャム等、加工調理に向いたリンゴです。果肉は硬く、調理した時に煮崩れし難いのが特徴です。
 果肉がしっかり締まって硬いリンゴなので、ビニール等で包み冷蔵庫で比較的長期間保存することもできます。


(文献 のむら特選果樹苗木カタログ2004 AUTUMN 2005 SPRING