はつあきは、農林水産省果樹試験場盛岡支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)で育成された品種です。
 紅玉ゴールデン デリシャスを交配し、その実生を育成・選抜、1976(昭和51) 年に登録したもので、果実は円〜やや扁円形で豊満、大きさ250〜300g、橙紅色。果肉はやや粗く、酸味が若干強い傾向があります。
 貯蔵性は良く、ぼけにくいが、表面がしなびやすいということです。収穫時期 9月下旬〜10月上旬です。品種名は初秋に中生種のはしりとして出回ることにちなんでいます。
 ふじはつあきを交配してきたろうこうたろうが生まれました。また、はつあきスターキングデリシャスを交配してさんたろうが生まれています。

写真は板柳町ふるさとセンターのものです。