初紅しぼりは、品種「かがやき)」の枝変わりです。育成者は長野県の小林 眞氏で、氏の圃場(長野県下伊奈郡高森町) において、の枝変わりを発見し、1989 (平成元) 年に高接ぎ、以後、増殖を行いながら長野県南信農業試験場の協力を得て調査を継続し、1997 (平成9) 年に、その特性が安定していることを確認して育成を完了しました。
 品種登録は2001(平成13) 年3月で、登録者は、長野県下伊奈郡高森町の吉沢 誠氏です。
 果実外観は扁円錐、果実の萼は閉まっていて、がくあ(萼窪:
萼側の窪み)とこうあ(梗窪:果梗側の窪み )はあまり大きくありません。入手できたのは 300g 程度の大きさの果実です。
 果皮地色は黄色ですが、果皮を覆う色は濃い赤、縞模様は不明瞭です。果点の大きさや密度は普通で、スカーフスキンはありません。果実表面のろう(蝋)質物の分泌はないのでテカテカ光ることはありません。果肉は淡黄色、褐色化の速度は普通、きめは粗で、少し硬めでです。蜜は観察できませんでしたが、やや香気があります。糖度は14%ほどで、しかも酸味がやや弱いので、とても甘く感じます。肉質は多汁ではありませんが、食べやすく、人によって、いくら食べても飽きない味だとも、何となく懐かしい味だななどとも言います。
 また、農林水産省のデータベースには、「成熟期は早で育成地においては 8月上中旬」とありますが、通信販売で、長野県安曇野市の生産農家から、2011(平成23) 年 9月 9日に送っていただいた果実の熟度から見て、青森県での成熟期は 9月中旬ではないかと考えています。
 農林水産省品種登録データベースには、枝変わり親品種のとの違いについては、《「輝」と比較して、果皮を被う色の型が縞不明であること等で》とだけ書かれています。着色系の枝変わり品種なのだろうと思っています。の果実も入手して比較してみたいものです。 

 9月初めに購入したりんごの一部を、冷蔵庫の野菜室に入れて置き、10月19日に食べてみました。多汁で、香り、肉質、甘さなど、老人の私どもには大変好適なりんごになっていました。糖度は、16%を超えていて驚きました。ただし、若い人や、硬いりんごを好きな方は、賛成して下さらないかもしれませんね。
 の果実写真は、2009(平成21)年9月23日、板柳町ふるさとセンターで樹上の果実を撮影したものです。ここの写真でははっきりしませんが、初紅しぼりより、赤味がうすく、縞模様がはっきり見られます。ふるさとセンターに、の樹木が2本ありましたが、2本とも枯死してしまいました。
 なお、は、青森県大鰐町の三上文雄氏が、ゴールデンデリシャス紅玉を、1945 (昭和20) 年、つまり敗戦の直前に交配し、1954年に選抜、1955(昭和30) 年に命名した品種です。