このりんごは、県産業技術センターりんご研究所(旧りんご試験場)が、1984(昭和59) 年、グラニースミスレイ8東光×紅玉)を交配して誕生したもので、2011年9月にあおり24として、品種登録を申請したりんごです。
 2014年にはつ恋ぐりんの商標を取得しましたから、市場には商標名で売買されると思います。
 鮮やかな緑色が特徴的で、外見も、果肉の酸っぱさも、種子親であり、欧米で有名なグラニースミスとよく似ていますが、購入したりんごの糖度測定値が15%以上と高い果実もありましたが、普通は13~14%程度で、果肉の質もよく、生で食べても美味しい、大きさ300g程度の中型のりんごです。室内に置くと、ジョナゴールドのように、果実表面から、ろう (蝋) 質物を分泌して、油を塗ったように、しだいにベタベタしてきます。
 酸が強く、果肉がやや煮崩れしやすい感じがしますので、ジャムやジュースなど、形が崩れてもよい料理用に、適しているのではないでしょうか。
 無暖房の座敷に放置しておいた果実を、1月15日に食べてみましたら、酸味と甘みが強く、肉質のよい大変美味しいりんごでした。
 種子親のグラニースミスは、暖地向きのりんごで、熟すのが遅く、北海道・東北北部のような寒冷地では、熟す前に寒さが来ることがあり、完全に熟した果実を収穫できない恐れがありました。しかし、初恋ぐりんの熟期は10月下旬ですから、その心配は完全になくなりました。
 このりんごは形が端正で、青りんごにしては光沢があって美しく、まるで「光り輝く北国の翡翠(
ひすい)の玉」です。

 果実は、2011(平成23)年12月3日に、青森市のA-FACTORY で購入しました。