初恋の味という、あかねとよく似たりんごが2005(平成17) 年9月4日、青森市のりんご販売店にありました。
 大きさが150〜250gの円形の赤いりんごです。味もあかねに似ていて、酸が効いてさっぱりしていますが、あかねより舌触りがよく、きめの細かいりんごです。人による好みがありますが、あかねよりうまいと思いました。
 販売店の人は、「このりんごはすっぱいから、失敗した初恋の味かな」と笑っていましたが…。
 縦に切断してみますと、果芯の形がハート形で大きく、あかねとは違います。切断してすぐは、両品種とも真っ白ですが、初恋の味の果肉はあかねより柔らかく、切断面が、より早く萎びてきます。

 初恋の味がするという表現はいろいろの食品について言われます。カルピスが有名です。どのりんごも酸が少しありますので、初恋の味と言えるのですが、味を形容する言葉としては使われすぎている感じで、紛らわしく、登録品種の名称としては使用が難しい名前です。念のため調べてみましたが農林水産省には品種登録はなされていません。
 しかし、このりんごが小型の発泡スチロールの白い箱にきれいに並べられて店頭に置かれると、とても美しく清純な感じがして、このりんごにふさわしい名前なのかなとも思います。
 育種した方が愛情込めて育成し、命名したのでしょうが、手元には資料がありません。いろいろな方に伺ったのですが、よくわかりません。何方かご存知の方がおられましたら教えて下さい。収穫期は9月上旬だと思います。