弘大1号について、次のような記録があります。
 1972(昭和47) 年頃、弘前大学の森敏夫助教授 (当時) が、青森県南津軽郡藤崎町にある弘前大学農学部付属藤崎農場のリンゴの台木標本園の中に、美味しい果実をつける樹があることに気づきました。
 この台木標本園は、弘前大学の青木二郎教授が千年農場〔注1〕において育成した種々の台木類を藤崎農場〔注2〕に移植して作られたものです。
 青木氏は、繁殖の際の台木に、しばしばリンゴの実生を用いていました。森氏が指摘した「美味しい果実のなるという台木」の接ぎ穂にはMM106という品種が用いられていましたが、美味しいといわれた果実はこのMM106の果実ではありませんでした。したがって、接ぎ穂が何らかの原因で枯れ、台木としていたリンゴの実生の芽が成長して果実を成らせたのではないかと考えられています。
 台木の標本園は果実生産が目的ではないので、粗末な剪定で、摘果もせず、かなり簡単な管理をしていましたが、弘前大学の塩崎雄之輔氏が果実採取用の管理をしてみましたところ、3年目にスターキング並みの大きさの見事な果実に育ち、食味も他の栽培品種と比較しても遜色なく、しかも、斑点落葉病に著しい抵抗性があることがわかりました。また、交配実験の結果、このリンゴは、リンゴにしては珍しく、自家受精して結実する性質が強いことも判明しました。写真のように色も非常にきれいで、普通冷蔵でも 3 月いっぱいは新鮮さを保つリンゴです。収穫適期は10月下旬でした。
 昭和50年代前半、森敏夫教授(藤崎農場長) は、このリンゴを育種のための交配親にしてはどうかと提案され、弘大1号弘前大学リンゴ第1号の意味)と名づけ、同農場の塩崎雄之輔氏が、このリンゴを「交配親」として育種を始めました。弘大1号ふじを交配して生じた実生から選抜したのが、長期保存ができ、美味しく多汁で、斑点落葉病にも強いと評判のこうこうという品種です。
 現在、農場では、弘大1号ふじこうこうの3品種をセットにして「“親子詰め合わせ”贈答りんご」として販売しています。皆さんも試食なさってみてはいかがですか。
 長い間、この弘大1号の両親がわかりませんでしたが、DNA鑑定の結果、1999(平成11)年に、スターキングデリシャスゴールデンデリシャスが親品種であることが判明しました。

 塩崎雄之輔教授のご好意で、この弘大1号を試食する機会に恵まれました。食欲をそそる香気があり、適当な酸味で甘味を強く感じます。色も素晴らしいもので、十分楽しめる果実です。しかし、果実肉質の歯ざわり、舌触りがもう少し改善されるともっと素晴らしいのだがとも感じました。 

〔注1〕 大学が、1974(昭和49)年4月まで、外部から借用・管理して学生実習や研究のために使用していた広さ1.05haの弘前市内の農場

〔注2〕 1962(昭和37)年5月に、藤崎町にある農林省東北農業試験場園芸部が盛岡市に移転することが決定したのに伴い、建物全部と圃場の約2/3に相当する14.2haを弘前大学が使用することが認められ、1963(昭和38)年7月正式に大学に移管された。残り約1/3の圃場は現在の青森県立藤崎園芸高校(現・弘前実業高校 藤崎校舎)の敷地になった。

(文献)  藤崎農場の歩み〜農場草創期から国立大学最後まで〜
                            
著者 塩崎雄之輔・木村隆
             
弘前大学農学生命学部付属生物共生教育研究センター 藤崎農場
                                           平成16年8月発行