ひろさきふじは、弘前市鬼沢の大鰐勝四郎氏が、1984(昭和59) 年9月に、ご自分の圃場で、ふじの葉取りをしていましたら、1 本の枝の果実だけが赤く色づいているのに気が付きました。これが、ふじの早熟系の枝変わりでした。
 果形はふじに似ていますが、より円形です。果色は濃赤色で、縞状に着色しますが、色が濃くなると縞が不明瞭になります。
 収穫期は10月初旬で、青森県内の小売店で広く見られる評判のよいりんごです。貯蔵性は普通貯蔵で約1カ月程度とのことです。
 果重は300〜350g 位、特別大きくて500g程度。糖度は高く、蜜が入り、多汁で、食味はふじに似ていますが、果肉はやや軟らかく、酸味が少なめです。ふじより美味しいという人もいます。是非、試食してみて下さい。農林水産省への品種登録はしていません。 
 夢ひかりは、このひろさきふじのうち、糖度13%以上のものを厳選した商品に付けられた、つがる弘前農協の商標名(trademark)です。東京の市場でも、すでに有名ブランドです。

 品種名と商標名が違うりんごは、たくさんあります。例えば、オーストラリアのCripps Pink という品種の果実のうち、着色や糖度などが一定基準以上のものに付けられる商標名(trademark)が有名なPink Ladyです。