星の金貨は、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)において、食味が良く、貯蔵性が高い晩生品種として育成されたものです。
 1970(昭和45) 年に、ふじ青り3号を交配し、その実生から選抜し、2004(平成16) 年にあおり15として品種登録しました。2005 (平成17)年2月には、この品種の愛称を、まばゆい黄色の果実を金貨にたとえて星の金貨としました。
 短花枝が多く、生産力は高いのですが、隔年結果しやすい性質があります。 3倍体品種ではありませんが、なぜか花粉の稔性が悪く、授粉用花粉樹としては利用できません。
 果実の大きさは300g前後、大きいものでは400gを超えます。画面左の大きい果実は2007年5月12日に撮影したもので、重さは430gです。果皮が黄色で、果形は円形。肉質は口当たりが良く、粗雑感はありません。果汁が多く、甘味は強く、糖度16.8%を測定しました。酸味も適当で、香りも良く、洗練された食感のりんごです。上手く表現できませんが、味に深みとさわやかさがあるなと感じました。誰に試食してもらっても極めて好評です。異口同音に「うまい」「こんなうまいりんごは初めてだ」「どこで売っているの」…といいます。
 収穫期は10月下旬であり、貯蔵性は冷蔵で、翌年6月末までと非常に良好とのことです。
 2011(平成23) 年7月28日にも、試食する機会に恵まれましたが、味も、香も、舌触りも、素晴らしいものでした。貯蔵障害や芯かび病の発生は殆ど無いといいますから、消費者だけでなく、生産者や流通業関係者にも好まれると思います。
 生産者の話を聞きますと、皮に傷が付きやすいというということですが、消費者サイドからは皮が薄く、丸かじりに適して、好都合だということでもあります。栽培の仕方や取り扱い方が改良・普及して、店頭にたくさん姿を見せるようになればよいと思います。