印度は、明治初年に青森県津軽の城下街・弘前市にひょっこり生れ出た品種で、当時は、「酸っぱくないのはりんごに非ず」と地元の人々からは見向きもされなかったものです。
 しかし、すっぱいりんごがあまり得意でない消費者がいたのでしょう。甘いりんごとして次第に有名になり、戦後は高級りんごとして出回りました。硬くて、甘くて、酸っぱくない異端な味のする、よく保存のきくりんごでした。
 昭和10年代、私たちの子供の頃は、甘さに飢えていましたので、その時に食べた甘さがまだ記憶にあります。しかし、このりんごは日本以外ではあまり栽培されていません。
 収穫期は10月下旬からであるらしいのですが、11月初旬に食べてもあまり甘さを感じません。「こんな味ではなかったが?」という感じです。糖度を測定しても、それほど高くはありませんでした。しかし、1月には「これが印度の味だよな!」いう感じに変化してきます。糖度は、赤く色付いた陽光面で 16.0%、緑色の部分で14.9%ありました。酸味はごく少ないりんごです。一時小売店から姿を消しましたが、2002年頃から、いろいろな場所で売られるようになりました。今では青森市内でも容易に手に入ります。販売店の方に伺いましたら、「お客様は懐かしがってけっこう買っていかれますよ」とのことでした。
 印度は、その独特の個性から、日本のりんご改良に大きく貢献しました。王林ゴールデンメロン静香陸奥ジャンボ王林東光などの交配親です。

 前述のように、日本で生まれた西洋りんごなのですが、その歴史には詳細な点で不明なことが多い品種で、次のようないろいろな説があります。
 印度
という名についても、弘前市東奥義塾教師のジョン・イングからという説、彼がインディアナ州出身だったからという説、インディアナから種子が送られてきたからだなど、次のように、いろいろです。
 
 1875 (明治8) 年12月25日、ジョン・イング 氏が、東奥義塾創立者菊池九郎氏、本多庸一塾長ほか同僚や塾生に、函館から取り寄せた母国アメリカの西洋りんごをご馳走し、菊池九郎氏がその種子を蒔き、実生を弟の三郎氏の園に栽植した文献1
 上述の菊池九郎氏の次弟群之助氏が米国のインディアナ州農学校に留学し、在学中西洋りんごの種子を送ってきた。それを菊池三郎氏が播種し、菊池九郎氏の庭内へ植えた文献2
 上述の菊池九郎氏の三男軍之助氏が留学生として明治8年渡米、インディアナポリス市の学校に入った。ここは丁度気候が故郷に似ているのでりんごの種子を弘前の親元へ送ってよこした。この種子を菊池邸内に播いたところ、一つだけ芽を出した。明治10年のことである。この新芽は家中の皆から大切に育てられ、やがて待望の果実がなったのは明治20年の秋である文献3

 なお、青森県苹果試験場の初代場長の須佐寅三郎氏は、播かれた種子は白龍White Winter Pearmain)のものではないかと推測しておられたそうです。



 
三戸町の栽培家から、「三戸ではまだたくさん栽培しているから見に来なさい。必要だったらあげるから」と電話がありました。すぐに飛んで行きました。国道のすぐ近くに写真のような、元気な樹がたくさんあり、豊かに実っていました。 感激!






ジョン・イング John Ing
 1840年、アメリカ・イリノイ州で、メソジスト派の牧師の息子として誕生。 南北戦争参戦後、アズベリー大学で学び、牧師の資格を取ります。
 ジョン・イングは、中国での布教活動を切り上げて、母国に帰る途中、日本の横浜に立ち寄り、弘前出身の本多庸一氏に会い、旧交を温めますが、その際、本多氏は弘前の東奥義塾創立者の菊池九郎氏に、ジョン・イング氏を紹介します。そこで菊池氏の熱意ある説得を受け、予定を変えて1874 (明治7) 年12月に、弘前の東奥義塾に英語講師として赴任することになります。同時に本多庸一氏も東奥義塾に赴任し、初代塾長になります。しかし、ジョン・イング氏は、家族の健康上の理由から、1878 (明治11) 年春に、東奥義塾を退職し、弘前を離れています。
 語られるように彼がもってきた果実の実生が印度だったかどうかは別として、帰国するまでの間に、津軽の青年たちに西洋りんごを食べさせて驚かし、明治開明期の青年たちのやる気を起こさせ、産業思想を吹き込んだことは忘れることができません。
 一般向けの説明として、ジョン・イングが持ってきた果実を食べ、その美味しさに驚いた津軽の青年たちが、そのりんごの種子を播いて日本最初のりんご品種印度を弘前で育成したという伝説が一つのロマンとして語られています。
〈文献2〉
 青森県では1974(昭和49)年9月30日に、弘前市民会館において1500名の来賓を招待し、盛大なりんご百年記念式典が開かれ、その際に、ジョン・イングの子孫を招待しています。

 (文献)  1  リンゴ品種大観 長野県経済事業協同組合連合会 昭和61年8月
   2  りんごを拓いた人々 斎藤康司著 筑波書房 1996年4月1日
   3  くだもの百科 斎藤義政著 婦人画報社 昭和39年8月10日