American Summer Pearmain は、アメリカ産の古い品種で、両親は不明です。1817(文化14)年に発見されたといわれています。因みに、1817年は、ジェームス・モンローがアメリカ第5代大統領になった年。日本では、第11代将軍徳川家斉の治世です。日本へは1871(明治4)年に開拓使(明治 2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁) によって導入されました。
 青森県では 8月下旬から9月上旬に成熟する150〜200g、大きいもので 300g程度のりんごで、熟すると陽光面に赤褐色の縞模様があらわれますが、葉陰のものはいつまでも青いままです。昔風の、いわゆるりんごらしい味なので、ぜひ熟したものを食べてみてほしいと思います。
 青森県津軽地区では、弘前藩最後の家老・大道寺繁禎(だいどうじ しげよし)氏が屋敷に栽培し、結実したのが初めてでしたので大道寺中手と呼ばれ、その後、略して大中と呼ばれるようになりました。また南部地区ではなることかなりこと呼ばれました。果実をたくさんつけることから成子の意味でしょうか。
 日本各地で栽培され、14号、中成子、江間中手ヌ印、宝船 などと呼ばれていました。このように各地でいろいろな名称で呼ばれていたので混乱が生じ、1900(明治33)年にという名称に全国統一されました。この名は前年の大正天皇と九条公爵の第四女節子姫との御成婚の慶事にあやかったものです。
 しかし、いろいろな日本名で普及したので、久しく原名が不明になっていましたが、1935 (昭和10)年、
京都帝国大学教授菊地秋雄博士が米国ボストン市でこのりんごを見つけ、それが端緒となって、American Summer Pearmain であることが判明したということでした。
 
明治時代における青森県のりんご7大品種の一つです。

 6月下旬からの暖地(四国・瀬戸内)ものから、9月上・中旬の寒地ものまで市場にでまわる重要な経済品種ですが、やや未熟でも、結構食べられるのが災いして、完熟前に早採りして販売されていることが多いりんごです。
 ここ数年、青森県内を巡回してわかったことですが、不思議なことに、未熟な、まずい果実を8月早々に一斉に売り出すのは、主に津軽地区で、南部地区ではあまり見られません。しかも、津軽地区では、このりんごがなんとか食べられる 8月末になると、一部例外を除いて店頭にあまり見られなくなりますので、一般の消費者はこのりんごの本当の味を知る機会が少ないのです。そして南部地区でたくさん見られるようになるのは、8月下旬から9月中旬にかけてです。
 七戸町や三戸町の農産物直売店では 8月末から 9月中旬まで、たくさんの完熟果が並べられ、次々と売れています。
 2010年 9月4日、七戸町の農産物直売店に、鮮やかに着色している果実が出ていました。上の写真の一番手前に載せておきました。肌が滑らかでの果実本来の濃い緑色が見られませんので、陸奥に見られるような有袋栽培を組み合わせた着色技術によるものではないかと考えています。

 
 未熟果実の断面
 2002年 8月初旬、ネブタ観光客で賑わう青森駅前で販売されていましたので購入してみましたが、右図のように、種子が白く、未熟で食べられたものではありませんでした。
 ネブタにおいでのお客様はリンゴの対する知識が無いのは当然です。青森りんごはおいしいと思い、お土産用に買います。きっと青森りんごに対する印象を悪くなさると思います。
 昔の人が中手りんご
(大道寺中手、中成子、江間中手などの古い呼び名で中手といっていた) と言っていたものを、なぜ、 8月早々に未熟な状態で発売して消費者をがっかりさせるのでしょうか。