いわきは、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)が1954 (昭和29)年、紅玉を交配。1976(昭和51)年に選抜したもので、品種登録はしていません。収穫期は9月下旬〜10月上旬です。
 果実の大きさは350g前後。円形、鮮紅色で果肉は硬く、黄白色ですが、かすかに紅色を帯びるものもあります。果汁が多く、酸味がやや強いですが食味は良好。無袋栽培が容易で、果色がよく、しかも豊産性であるため、長野県や岩手県でも高く評価されているそうです。
 この品種の正式名称は ×紅玉1ですが、「=(国光×紅玉)」にさらに紅玉を交配して作り出した品種なので、恵のバッククロスの異名もあります。
 長野県では恵紅、青森県ではいわきまたは岩木どの名で市販されています。ただ、岩木と漢字で表す別品種があるとのことですが、私は目にしたことはありません。
 板柳町ふるさとセンターの農産物直売所で購入しました。