ジョナゴールドは、 米国ニューヨーク州農業試験場で、1943年(昭和18年) に、ゴールデン デリシャス紅玉(ジョナサン) を交配して育成した三倍体品種で、1968年(昭和43年) に命名発表されました。
 日本へは、1970 (昭和45) 年に秋田県果樹試験場によって導入され、翌年には農林水産省果樹試験場によっても導入されています。
 青森県りんご試験場のデータによりますと、ジョナゴールド果実の成熟過程は下のグラフのようになります。このりんご(品種)の熟期は10月中旬〜下旬ですから、あまり早く収穫すると酸が強く、渋くてまずいものになります。

 完熟品は酸味がやや強いですが、甘味と酸味のバランスがとれ、口当たりもよく、多汁でうまいりんごです。 風味は花粉親の紅玉に似ているところがありますが、それより酸味が弱く、生食にも、加工用にも適しています。
  果形は円形で豊満、大きさは 300〜400g、橙紅色で、室内に放置しておくと、果皮からは上図のように、油状のろう質物を分泌するので、果実表面が光るようになります。一般に油があがるといいますが、店頭ではテカテカと光り、触るとベタつきます。
 しかし、やや未熟な方が保存性がよく、市場に出はじめが値段がよいので、果実が着色すると、熟す前に店頭に顔を出すようになります。

 10月の初めには、この品種が店頭に並びますが、その頃の測定値を見れば、消費者は財布の紐を締めておいて、まだ購入しない方が良いようです。 急ぐ必要はありません、熟してから食べましょう。
  貯蔵性は、常温で2週間程度、冷蔵で2〜3ヶ月であるといわれますが、保存技術が発達したためか、収穫翌年の7月中旬でも販売店で見かけることがあります。
 色や形を見て、おいしそうだと思って購入してもがっかりすることが時々あります。試食してみるとか、最初少し購入し、味が良かったら売り切れる前に出かけて少しまとめて買うとか、信用できる業者や生産者を探すとか、消費者がいろいろ工夫しておいしいものを探して購入するようしなければならないのが現状です。
 青森市の、ある大口業者から5月に購入したジョナゴールドは、見かけはよかったのですが、渋くて硬くて生では食べられませんでした。よほど未熟なりんごを保存したのでしょうか。しかし、店によっては、見かけは悪くても、意外にうまいものがあります。店頭で気軽に試食させてくれる小売店、信用できる業者は消費者にとっては有難い存在です。

販売名 ホワイト・ジョナ
 右の黄色い二つの果実は、2004年4月25日に青森駅構内の店で購入しました。名札にはホワイト ジョナとありました。品種名ではありません。
 この果実は、遮光袋を剥がずに樹上で熟させて収穫されたものです。少し赤みがある部分は金星の三日月を作るのと同じように、袋を少し裂いて局所に光を当てたもの。
 有袋果実は無袋より保存がききますので、樹上で熟度がすすんでから収穫したのでしょうか。春のジョナゴールドにしては甘くてさわやかで、なかなかの味でした。ジョナゴールドに、光を透過しない袋をかけて栽培し、やや寒くなってから除袋すると、初めは白いのですが徐々に着色してきれいな赤色になります。しかし、袋を剥がずにおくと白いままです。収穫時に真っ白だったのでホワイト・ ジョナという名前にしたのでしょう。

着色異常の果実
 右の着色異常の果実は、栽培農家の方によって、「こんなりんごがなりましたが、何故なんでしょう?」と、りんご試験場に持ち込まれたものです。品種はジョナゴールドです。
 正確に半分が黄色、残りが鮮やかな赤です。キメラだとはわかるのですが、なぜキメラがおきたのかわかりませんので、試験場でも「どうしてでしょうね?」ということになったようです。
 育種部の執務室机上にあったものを撮影させていただきました。撮影のための光環境がよくないので色は忠実には再現されていません。