金星は、弘前市折笠の佐藤 肇氏の育成品種です。1954(昭和29)年に、ゴールデンデリシャス国光を交配したものの実生を育成・選抜したものと考えられていましたが、今では、違うのではないかと思われています。
 つまり、金星の交雑和合性遺伝子はS2・S9 ですが、種子親のゴールデンデリシャスはS2・S3 であり、花粉親といわれる国光はS1・S2であることから、国光は花粉親でないことがわかりました。また金星には種子親のゴールデンデリシャスにも、花粉親といわれる国光にもない斑点落葉病感受性優性遺伝子Alt があります。この Alt が花粉親由来であると考えると、斑点落葉病感受性優性遺伝子Alt をもつデリシャス系品種(S9・S30  Alt+)が花粉親候補として有力です。
 嶺峰岩木山の麓で作出された黄金色のりんごであることから、1968(昭和43)年に金嶺と命名されましたが、登録の際に金星と改名し、1972(昭和47)年に名称登録されました。
 普及性、実用性を基準に審査が行われた旧農産種苗法で名称登録された民間育成のリンゴ品種としては唯一のものです。収穫期は11月上旬ですが、熟して本当にうまくなるのは、12月中旬以降です。保存性の高いりんごで、4月に入っても盛んに市販されています。

 有袋栽培をすると、綺麗な金色になりますが、上の写真のように、袋をつけたまま、または少し袋を裂いて日光に当てて紅をつけたもの(販売名三日月またはメッシュ)なども市場に出回ることがあります。無袋栽培をするといい味にはなりますが、図のように、果点が濃色で大きく、サビが多く、痘痕やざらつきが著しく、贈答用にはならない果実になります。それでも青森県内では、農産物直売所に無袋の金星が時々、顔を出しますので、購入し、味を楽しんでいます。
 
300〜500gほどの大きさの果実が市販されていますが、一般的には無袋栽培の果実が小さく、有袋果実が大きい傾向があります。これは有袋栽培をする場合に実選りがより徹底される結果ではないかと思っていますが、私は、栽培の素人、ご存知の方はご教示下さい。
 多汁で、果肉が適当に硬く、さわやかな歯ざわりがあり、食べたときの口中に広がる香りと甘みは他に例がありません。


〈文献〉 SSR遺伝子型を用いた青森県内で育種されたリンゴ品種の交配親確認
                          
2006年園芸学会研究発表資料
 
阿部佳枝・五十嵐惠・初山慶道・上田高則・鈴木正彦(青森農林総研グリーンバイオセンター)
 今智之・深澤(赤田)朝子・工藤剛(青森農林総研りんご試験場)