きたかみは、果樹試験場盛岡支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)が、右図のように、1959 (昭和34) 年に東北2号×ウースターペアメンレッドゴールドを交配して育成した品種で、1983(昭和58) 年に種苗登録されたりんご。
 成熟期は9月中旬。果実の大きさは150〜250gの比較的小形のりんごです。果形は扁円。濃紅に着色します。果肉は黄白色で硬さは中位、切り口は褐変しにくく、糖度12%程度ですが酸との調和がとれ、に似たやわらかさと酸味があります。ある老人に試食していただきましたら、開口一番 「ウン、これの酸だ」 と言われました。味でルーツが分かるんでしょうね。 
 貯蔵性はあまり長くなく、室温で約1週間、冷蔵で20日程度と言われ、軟化しやすいりんごだということですが、室内で試して見ましたら、軟化する寸前が一番うまいと思いました。硬いリンゴを好きな方に、お前たちは年寄りだなと馬鹿にされそうです。
 品種名は育成地盛岡を流れる北上川に因んでいるとのことです。また、北海道向けの意も込められているそうです。私ども東北人にとっては何となく夢がある、いい名前です。果実は
板柳町で購入しました。