北のあかりは青森県弘前市松木平の伊藤育造氏が育成した品種です。王林の自然交雑実生で、花粉親は不明。品種登録出願は2008(平成20)年、登録日は2010(平成22)年10月28日です。
 果形は円形、王冠は弱く、がくは閉じています。がくあ(萼側のくぼみ)は深く、幅は中位です。こうあ(果梗側のくぼみ)の深さや幅は中位で、果実の大きさは200〜300g程度です。果皮の地色は黄で、わずかに赤い色が着くものが多いと思います。
 こうあ(果梗側のくぼみ)には、上の写真のように、赤褐色のさびが見られます。果点の大きさや密度は中程度。スカーフスキンは極少で目立ちません。果皮のろう質物は少なく、果皮はすべすべしています。果梗は細く、長いと思います。
 果肉の色は黄白、果肉の褐変化は弱く、果肉は硬く、肉質はかなり密です。、蜜は多く、甘く、糖度は16%ありました。酸味が適度で、香気があり、果汁が多く、種子親の王林とは全く違うタイプのおいしいりんごです。
2015(平成27)年11月21日に、弘前市石川で購入しました。