きたろうは、 農林水産省果樹試験場盛岡支場(現・独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)で、1976(昭和51) 年にふじはつあきを交配。1984 (昭和59) 年初結実。1986(昭和61) 年選抜。1989(平成1) 年から適応性検定試験を実施し、1996(平成8) 年にその特性が安定していることを確認して育成を完了し、2000(平成12) 年に品種登録したものです。
 出願時の名称はリンゴ盛岡52号でした。日持ち性に優れており、ふじに劣らない優れた貯蔵力を有するりんごだとのことです。10月下旬に成熟します。
 大きさ200〜270gで、果皮は黄色ですが、陽光面は淡紅色に着色します。果形は扁円形(高/幅=0.83)。歯ざわりがよく、多汁です。甘く、酸味も適度で食味は濃厚です。
 
きたろうという名前は黄色いリンゴであることに因んでいます。漢字で表すと黄太郎です。こうたろうとは兄弟品種です。