商標名は恋空(こいぞら)、品種名あおり16です。
 このりんごは、1984(昭和59) 年に、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)において、右図のように、「
67ー45」夏緑を交配し、その実生の中から選抜、以後、増殖を行いながら特性の調査を継続し、1999(平成11) 年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したもので、2004(平成16) 年に品種登録されました。
  8月中旬に成熟する早生種で、丁度お盆の頃に収穫できます。後期落果はあまりないそうですが、熟期が少し不揃いなので 2〜3 回に分けてすぐりもぎする必要があるということです。
 小形で円形〜扁円形の赤く可愛いりんごで、大きさは150〜280程度です。果実の地色は黄緑色で、その上が鮮やかな紫紅に着色します。果実には王冠は無く、萼は閉じています。がくあ(萼窪:
萼側の窪み)やこうあ(梗窪:果梗側の窪み)の深さは中くらいで、広さは広い方でしょう。こうあに少しさびがあることがあります。果点は大きく、その密度は中程度です。
 果肉の色は白色ですが、部分的に赤く着色することがあります。果肉の褐色化は弱く、やや硬めで蜜はあまり見られません。渋味はなく、甘味と酸味のバランスがとれ、早生品種としては上品な味のリンゴです。香気は少ないと思いますが、果汁はたっぷりです。
 何処かで出会ったら、食べてみて下さい。完熟したものは美味しくて恋人にしたくなるかもしれませんよ。
 商標名恋空は、今井夏木監督の映画「恋空」に因んでいるとのことです。