小町こまち) Early Strawberryは、アメリカ、New York 近くの起原であるといわれ、1838年にはすでに記録があるそうです。Margaret (リンゴ品種名)の自然交雑実生と言われています。わが国へは、1871(明治4) 年に開拓使(明治2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁 によって導入されました。
 導入当初の原名では普及せず、いろいろな地方名で呼ばれて混乱していましたので、1900(明治33)年に、全国共通の名称を小町に統一しました。たくさんの地方名があることからわかるように、日本では、明治、大正、昭和初期と各地で栽培されましたが、現在ではあまり見かけなくなりました。
 入手できた果実は、450g程度の扁円錐形で、大型でしたが、大きさは小〜中という説明もあります。地色は黄色ですが、表面は暗紅色です。Early Strawberryという名は、果実の色がイチゴ色をしているということです。果肉は硬くてクリーム色。甘酸適和です。
 
果実は青森県りんご研究所からいただきました。