紅月は、青森県南部町大向の谷内助九郎氏が、太陽5号よりサビが少なく、多汁で、貯蔵病害性の少ない品種育成を目指して、1958 (昭和33) 年に、ゴールデンデリシャス紅玉を交配し、得られた交雑実生群から、果実の甘味高く、果皮色良好であるりんごを選抜した品種です。1968 (昭和43) 年に選抜を完了しています。
 県外の種苗会社が和香と命名し、いったん名称登録しましたが、1981 (昭和56) 年に紅月と改名し、認可されました。
 9月下旬〜10上旬に成熟し、貯蔵性は普通貯蔵で約2ヶ月程度です。果実は紫紅縞が明瞭で、大きさ300〜350g、円錐形で果肉は淡黄白色。果汁多く、素晴らしく甘いりんごで、このりんごが大好きと言う人もいますが、果肉が粗で、噛むと舌の間に残渣が残るのが気になるという人もいます。室内に放置しておくと、ろう(蝋)質物を分泌し、果実表面がべたべたして光るようになります。
 原木は五戸町の村上恒雄氏の農園に移植・育成されていましたが、すでに枯死したとのことです。