黄金ふじという黄緑色のりんごが、木製のりんご箱にたくさん入れられた状態で、青森市観光通りのスーパーのりんご売り場でに売られていました。黄金という字には、「こがね」と仮名がふられていましたので、「こがねふじ」と読むのでしょう。
 簡単な説明書きが箱に張られていましたが、それによると、「1998(平成10)年に発見されたふじの枝変わりで、味はふじそのもので、蜜が入ることもある。糖度15〜16%、酸度 0.3g/100mlで、支会にて増殖中」ということでした。
 どこの支会、または支部なのか分かりませんでしたので、スーパーの販売担当の店員さんに尋ねましたが、わかりませんでした。上の写真のように、黄色がかった緑色のりんごです。説明されないと、ふじとは思えません。
 しかし、後日、青森県産業技術センターりんご研究所の専門家に伺いましたら、弘前市悪戸の竹内昭二氏の畑のふじの枝変りであると教えて下さいました。

 食べて見ましたら、味や食感は、一般のふじと似ていますが、普通のふじよりも、酸味が少なく、糖度も16%と甘く、果肉が少し軟らかい感じの、とてもうまいりんごでした。
 普通のふじは、着色のため、葉を除去したりするなどいろいろと神経と手間をかけますが、このりんごは、その必要がなく、葉が十分にあったのも、味のよい一因でしょうか(
2009年12月27日記載)。


 
 いろいろなところで栽培されているらしく、、生産量も増えているようで、青森駅前のりんご販売店で、大量に売られていました(2014年5月12日記載)。

 友人が、青森市の店頭に、黄輝という名前の、素晴らしくおいしいリンゴ並んでいたと教えてくれました。また、右のような資料も送ってくれました。それには、品種登録番号第26018号とあり、前述の黄金ふじと同じ、竹内昭二氏が育種をしたとありました。
 したがって、以前、黄金ふじの名称で市場に出回っていたリンゴを、黄輝こうき)という名称で、登録申請し、認可されたものと思われます
また、品種登録の記載には、「ひろさきふじの枝変わり」と書かれています(2018年10月12日記載)