こうこうは、弘前大学の塩崎雄之輔氏により、1981(昭和56) 年に青森県南津軽郡藤崎町において、真っ赤なりんごである弘大1号ふじを交配し、その250本の実生の中から選抜・育成したりんごです。その後、増殖を行いながら特性の調査を継続し、1994(平成6)年にその特性が安定していることを確認して育成を完了した品種です。
 両親が赤いりんごですが、成熟すると黄色になる品種です。
 初めて結実したのは1987(昭和62)年とのことです。育成地(青森県南津軽郡藤崎町)において10月下旬〜11月初旬に成熟します。品種登録は1999 (平成11) 年です。
 円形ないし扁円形、300g前後の中程度の大きさの黄色い果実で、赤い色が着く品種のように、秋になって葉摘みなどの色をよくつけるための作業は不要です。また斑点落葉病という病気には、抵抗力の強い父品種のふじよりもっと強い品種です。
こうこうの原木
弘前大学農学生命科学部付属
生物共生教育研究センター藤崎農場圃場
 2005年11月5日撮影
 果肉は黄色でしっかりしていて、蜜がたくさん入り、甘く、芳香もあり、酸味も穏やかで、甘酸適和で多汁です。
 貯蔵性は非常によく、長期保存ができます。保存しておいてもちょうどよい硬さを保ち、ぱりぱりした口当たりのよい美味いりんごです。
 2005年11月に入手した果実を我が家の床下の保管場所(冷却装置なし) に放置し、2006年3月中旬に試食しましたが、味も肉質も大変良好な状態で、美味しくいただきました。
 近頃、県内農産物直売所で目にするようになりました。私どもは2005年産の果実を、翌年の1月に十和田市道の駅ならびに三戸町道の駅そばの農産物直売所で入手することができました。機会がありましたら試食することをお勧めします。

 こうこうというと、どんな漢字なのかなと疑問に思います。育成者の塩崎雄之輔先生は、この品種の一般人に対する説明用パンフレット「蜜入りのおいしいりんご『こうこう』の特徴」に次のように書いています。

 『こうこう』と命名するにあたっては、次のことを考えました。
 前大学でできた色いリンゴ…弘黄
 せを呼ぶ色いリンゴ…幸黄
 親孝行するときに贈るリンゴ、
   親孝行する人が食べるリンゴ…孝行
 高校生が食べれば大学合格が、
   中学生が食べれば高校への合格間違いなし…高校
 『こうこう』を食べればあなたの、
   わたしの人生が煌々と光り輝く…煌煌
 要するに、食べる人、贈る人が好きな言葉を思い浮かべてくださればよいのです。  (学生たちと相談して命名しました)


 さすが大学の先生です。試食なさる機会がありましたら、好きな言葉を連想して下さい。先生の教育への情熱が煌々と光り輝いていますね。