黄明は、弘前市の工藤清一氏が1992(平成4)年に未希ライフの自然交雑で生じた種子を播種し、発芽した実生から、丈夫で省力栽培ができるうまいりんごを選抜・育成したもので、2000(平成12) 年に育成を完了、2003(平成15) 年に登録された品種です。花粉親は不明でしたが、近年、千秋と特定されたとのことです。
 収穫期は9月下旬です。弘前市、青森市ならびに通信販売で購入しました。
 果実は約300gの淡黄緑色で、陽光面に淡い紅がさします。縞模様はあまりはっきりしません。扁円錐形で、果梗側の窪みつまりこうあ(梗窪)は浅くひろく、萼側の窪みであるがくあ(萼窪)は狭いりんごで、萼側に五つの膨らみ(王冠) があり、その間にさらに小さい膨らみが各1〜2条ほど見られます。果点は小さく中心部は褐色で周辺部は緑色がはっきりします。
 甘く、やや芳香があり、歯ざわりは軽く、多汁で舌触りも良好。販売店では「皮ごと食べられるうまいりんご」として販売していました。


 この品種は弘前中央青果が、つがりあんアップル」として、専用利用権を設定している六つの新品種のうちの一つです。