こうみつは福島県西白河郡矢吹町の岡田光榮氏が育成したリンゴです。
 1974(昭和49)年に育成者の圃場において、スターキングデリシャスの種子をビニールハウスに260個を撒き、その実生の中から、福島県白河地域農業改良普及センターの協力を得て、特性の調査を継続し、病気に強い品種を選抜し、7本が残りました。しかし、植えた場所に道路や用水路が通るなどの工事で、6本は切られてしまい、1本だけ残ったのがこうみつです。品種登録までには、さらに詳しいい調査が必要で、時間がかかることになりましたが、1996(平成8)年に特性が安定していることを確認し、育成を完成し、2001(平成13)年2月9日に品種登録されました。
 なお、その後、リンゴの専門家による遺伝子分析の結果、花粉親は紅玉であることが判明してるそうです。
 果実の外観は扁円で、王冠があり、萼は緩く閉じています。がくあ(
萼付近のくぼみ)は深く、広さは中位。こうあ(果梗付近のくぼみ)は深く、広く、重さ 300 〜500程度、大っきいものは600g程度にもなるりんごです。果皮の地色は黄緑ですが、果皮を被う色は濃い紫紅色で、縞ははっきりしません。さびは無いか、あっても僅かで、スカーフスキンが見られます。果点は小さく、密度は中位、果皮のろう質物は見られませんでした。
 
 果梗は短く、中位の太さで、肉梗があります。糖度は16〜17%と極めて高く、果実の中は、蜜だらけで、右の写真のように、半分に切った果実を電球の前にかざすと、光が透けて見えます。
 果肉の質は密で、硬く、薄く切って食べても、歯ごたえがあります。設備の関係で、酸度の測定ができませんが、酸が弱く、りんご果実を食べているようではなく、りんご風の水っぽい、硬めの菓子を食べている感じです。
 果実切口は 空気に晒しておいても、なかなか褐色化しませんし、相当な時間煮ても煮崩れすることはありません。変わった味と、性質をもった、個性のある、面白いリンゴです。
 果実は、このりんごを育種なさった岡田氏から、直接、枝を分譲してもらって、こうみつの栽培を始めた、板柳町のりんご栽培家からいただきました。