昂林は、福島県の民間の農場で発見されたふじ×「不明」の交配選抜品種で、増殖と普及に山形県の種苗会社が努力したといわれますが、その来歴の詳細は不明です。
 青森県りんご試験場〈文献〉によると、来歴のよくわかっていなかった昂林の遺伝子診断の結果、ふじの枝変わりか、あるいはアポミクシス(注)によって生じた可能性が高いということです。収穫期は青森県では 9月下旬です。

 県内で広く栽培されています。大きさは平均350g位で、果形は円形〜長円形。果皮の着色は良く、果実全体に紅色縞状不規則に着色します。果肉は黄白色で多汁、肉質は緻密で硬く蜜が少し入り、甘酸適和で食味は良好です。


(注)Apomixis
 
顕花植物において、受精をともなわない種子生産(無融合種子形成)のことをいう。胚は胚嚢細胞からではなく、珠芯や外皮の減数分裂をしない細胞から作られる。
 アポミクシスによって繁殖をしている植物には、ある種のクラブリンゴの他に、サンザシ、ナナカマド、キイチゴ、ブラックベリー、セイヨウタンポポなどが知られている。

〈文献〉 遺伝子診断(DNAマーカー)で判るリンゴの親子鑑定・交雑和合性 赤田朝子
  
青森県りんご試験場平成15年度試験成果・情報発表会資料2004年2月13日