こうたろうは、1976(昭和51)年に農林水産省果樹試験場盛岡支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)で、ふじはつあきを交配し、1986(昭和61)年に一次選抜、1991(平成3)年から「リンゴ盛岡56号」として系統適応性検定試験を行い、1998(平成10)年に完了し、りんご農林16号と命名・公表された品種です。 2001(平成13)年にこうたろうとして品種登録しました。収穫期は10月下旬です。
 大きさは 250〜300gで、果形は円形、果皮は濃紅色に着色して美しい豊産性の品種です。果肉は黄色でやや硬く、歯ざわりがよく、甘味も高く、果汁も多い。やや酸味は弱いが、甘味と酸味が和合し、芳香もあります。

 こうたろうという名前はきたろうと両親が同一の兄弟品種であること、果皮が濃赤色に着色することに因んでいます。漢字で表記する必要がある場合は紅太郎を用います。大きな欠点は認められませんが、貯蔵力はふじより劣るため、適期収穫に留意する必要があります。本品種の特性からみて、全国の主要リンゴ栽培地帯に適すると考えられます。暖地でも比較的着色が優れるとのことです。