マオイは、1982 (昭和57) 年に、北海道立中央農業試験場が同試験場圃場(北海道夕張郡長沼町)が育成した品種。
 同試験場では、極早生品種の
マンテットに、果肉質の優れた中生のHAC6ゴールデンデリシャス×エンパイア)を交配し、得られた実生の中から個体番号「44-23」を選抜。検討を行った結果、食味が良好でしたので、1990 (平成2) 年にHC15号の系統番号を付けました。1992(平成4) 年からは生産力検定試験及び地域適応性検定試験に供試してきました。1999 (平成11) 年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したものです。 9月上旬に収穫できる早生品種です。
 品種名
マオイは、育成地の地名に由来し、語源はアイヌ語の「マウ・オイ」で、その意味は「はまなすの実が多いところ」だそうです。
 
ハックナインノースクィーンに続き,中央農試で育成した第3番目の品種です。母親は極早生、父親は味が良く、この品種は両親の良いところを受け継ぎました。2004(平成16) 年の品種登録です。

 皮がわずかに赤く色づく青りんごと記載されていますが、購入したものは写真のように黄色になっていました。
 道立中央農業試験場では収穫の注意として、着色を待って収穫すると、果実が樹上で軟化し食味が低下してくるので、取り遅れないようにするよう指導しています。
 早生としては果実が大きく、果肉がしまってやわらかくなりにくいそうです。ほどよい甘さと酸(す)っぱみがあり、味に特徴があります。また、香りが独特で、さわやかな食感です。購入した果実の重さは200〜400gでした。
 青森市内で購入しました。早生品種にしては食味よく、しかも味が濃厚で、10月のりんごに比べても劣りません。