は、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)で、1931(昭和6) 年、国光紅玉を交配し、育成した実生のなかから選抜したもので、1950 (昭和25) 年に命名登録されました。収穫時期は10月中下旬。
 果実の大きさは250〜350g、果形は長円形、濃赤色の縞状に着色します。果肉は黄白色で、甘味が強く、酸味も比較的強く濃厚な味です。早期結実性で豊産性、風害や霜害に強く、やせ地でも良品が生産され、加工用にも適し、貯蔵性も高いそうです。リンゴは自家受粉しないのが普通ですが、この品種は自家受粉しますので、庭に一本だけ植えておいても、昆虫がきてくれさえすれば果実をつけます。
 11月初旬には店頭に並びますが、購入したらすぐには食べず、涼しい場所に12月頃まで保管しておくと熟度がすすみ、おいしくなります。2002年6月1日に、七戸町の道の駅で購入し、食べてみましたが、一冬を越しても実が崩れず、食味もよく、楽しむことができました。
 いわきにさらに紅玉を交配したもの。