めんこい姫は、青森県五戸町の村上恒雄氏が、1982 (昭和57) 年に自宅の圃場でラリタンふじを交配し、生じた実生から1985(昭和60)年に選抜・育成した品種。1989(平成元)年に初結実しています。また、1995(平成7)年に県外の種苗会社から品種登録されました。出願時の名称は恋姫です。 
 8月下旬に収穫できる早生品種です。
つがるより15日程度早く収穫できます。
 果重は200〜350g程度、大きいもので400gを超えます。果形は円形。濃赤色の縞模様が目立ちます。果肉は硬く締まり、果汁は中ぐらいで歯ざわりもよく、酸味が適度で甘く感じる食味良好なりんごです。収穫前落下が見られるといいます。青森市で購入しました。