美空のレッドは、空野良平氏が岐阜県高山市の美空野ファーム圃場において、1985(昭和60) 年に、陽光千秋を交配。その実生の中から1992 (平成4) 年選抜。以後特性の調査を継続。2002(平成14) 年にその特性が安定していることを確認して育成を完了したものです。品種登録出願時の名称は美空でした。
 観光農園・美空野ファームのオリジナル品種で、2005(平成17年) に美空のレッドと命名しています。通信販売で購入しました。
 品種登録の記載には収穫期は9月末であるとありますが、美空野ファームでは予約購入者に10月はじめに収穫・発送していました。
 この果実は県外の知人からの頂き物及び通信販売で購入したものです。したがって青森県では店頭で購入することはできないと思います。いただいた果実は完熟し、美味しくいただきましたが、ここで紹介するかどうか迷いました。しかし、青森県内でも通信販売で購入なさる方がおられるでしょうし、手に入る可能性がある品種がたくさん記載されていた方が便利なので掲載することにしました。
 花は撮影できませんが、大きさは中位で濃桃色卵形の花弁だそうです。満開時にはきれいでしょうね。もちろん私はまだ見たことがありません。
 果実は、写真のように扁円形で王冠はあまり発達していません。果実についている萼片は開き加減で、萼側の凹み(がくあ) は浅く、幅は広く、果梗側の凹み(こうあ) の深さと幅は中位です。果実の大きさは中位と記載されていますが、頂いたものは230〜250g程度です。ですから、上の写真よりも大きい果実も多いと思います。果皮の地色は黄緑ですが、表面は濃赤色でやや光沢があり、着色部に濃い縞模様が多く見られます。果点は大きく目立ちますが、分布密度は中位です。
 この品種の特徴であるスカーフスキンがみられます。特殊な撮影で強調した写真を載せておきましたが、私ども消費者は普通に扱っているときにはその存在には気がつきません。
 糖度は13〜14%ですが、酸が少ないので甘く感じます。口当たりもよく、都会の若者向きのりんごでしょうか。切断面はいつまでも白く、なかなか変色しませんでした。
 空野氏が経営する「美空野ファーム圃場」で、濃赤色のりんごが「美空」に映えて輝いていればきれいだろうな思います。美空のレッドとはうまい名前です。名前を聞いただけで食べてみたくなりますね。