みよしレッドは、1992(平成4)に、弘前市中畑の佐藤健勝氏が、自分の圃場に、さんさの自然交雑種子を播種し、その実生の中から選抜、以後、増殖を行いながら特性の調査を継続し、2006(平成18)年にその特性が安定していることを確認して育成を完了し、2008(平成20)年に品種登録しました。
 果形が赤くて扁円形、重さが300〜350g程度のりんごで、育成地では9月中旬に成熟します。王冠はかなり弱く、萼が開いています。がくあ(萼窪:
萼付近の窪み)にさびが見られます。果点は小さく、密度は中位です。スカーフスキンやろう(蝋)質物はごく少なく、果実表面は滑らかです。肉梗はありません。
 果肉は白く、果肉の褐変化はかなり弱く、蜜は見られません。糖度13〜14度で、甘味は中程度、酸っぱいリンゴではありません。 さわやかな食味のりんごです。板柳町で購入しました。