モーリーズデリシャスは、米国ニュージャージー州立農事試験場育成の交配種です。1966(昭和41) 年に発表され、日本へは1969(昭和44) 年、山形県の中島天香園よって導入されました。形がデリシャスに似ていますが、デリシャスの枝変りではありません。収穫期は9月中旬です。
 大きさ350〜550g の早生品種にしては大きいりんご。扁円錐形で縞が入り、熟果は濃紅色縞状に着色します。
 9月中旬には完熟し、糖度は13%以上に高まり、口当たりもよくなり、美味しいりんごになります。しかし、完熟果は店頭であまり保存できません。しかも、未熟でも酸味が少なく甘く感じますので、8月末から9月はじめにかけて、未熟果が市場に出回ることが多くなります。未熟果実の糖度は10.5〜11.7%で、味も悪く、舌さわりも感心しません。
 写真の真っ赤な熟果は2006(平成18) 年9月20日と2005(平成17)年9月25日に撮影したもので、浪岡と板柳で入手しました。未熟果は2002 (平成14) 年9月1日に青森市で市販品を購入・撮影したものです。未熟ですと十分には赤くなく白っぽい感じがします。
 果実が大きく、早成り豊産性ですが、熟期が不揃いで収穫前の落果が多いという欠点が見られます。未熟果を採取して保管して置いても美味しくなりませんが、樹上で熟したものは、つがる未希ライフとは違う、デリシャスに似た上品な香りと味がして、口当たりもよいりんごです。
 
モーリーズ デリシャス の名前は、この品種の良さを最初に認めた女性の名前からつけられました。
 
未熟果を発売し続けるとやがて評判を落とします。熟果はつがる未希ライフなどと十分競えるほどうまいと思います。