もりのかがやきは、1981(昭和56) 年に農林水産省果樹試験場盛岡支場(現:農研機構果樹研究所リンゴ研究拠点) において、つがるガラを交雑して得られた実生から選抜した品種です。2009(平成21) 年2月の同試験成績検討会において新品種候補として適当であるとの結論が得られ、2009 (平成21) 年7月に品種登録出願し、同年9月にもりのかがやきとして出願公表されました。
 開花期は盛岡で5月中旬で、ふじと同時期です。さんさを除く主要栽培品種とは交雑和合性であり、結実が良く、収量が多いリンゴです。果実の成熟期は10月中下旬で、主要品種ふじより3週間程度早く収獲できます。
 果皮は黄色で、陽光面の赤い着色や果実表面のさび
(注)の発生はあまり見られません。育種機関の品種説明には、果実の重さは、約370gとありますが、手に入った果実のうちで一番重いのは470gもありました。肉質はやや粗、糖度は16%でした。果肉は歯ざわりが良く、多汁で、酸味が少なめですが、食味は優れています。果肉は粉質化しにくく、日持ち性がよく、蜜はありません。心かびの発生はほとんど見られません。また、果実を切断しておいても、果肉はあまり褐色化しません。

(注)さびと呼ばれる現象がりんごにはあります。文字通り、りんごの表面が錆びたようにまだらに変色します。さびは花の時期に霜が降ったり、果実が若い時期に雨にあたると発生しやすくなります。出やすい品種と出にくい品種があります。しかし、見ためは劣るものの味のよさに関係ありません。さびの出ている果実は、ゴールデン・デリシャスの写真をご覧ください。