モリタジョナは、西津軽郡森田村(現・つがる市森田町)の七戸徳洋氏の園地で発見されたジョナゴールドの枝変わりです。収穫期は10月中旬と言われています。
 森田村道の駅で、2003年10月22日に購入しました。濃紫紅色の円形〜長円形のりんごで、食味はジョナゴールドに似ていますが、酸味が少ないような気がします。
 この品種の特徴は、果皮にろう質物が発生しないことで、放置しておいても、母品種の
ジョナゴールドのように果実表面が濡れたようにベトついてギラギラ光ることがありません。また、写真のように濃く着色します。
 種苗店のカタログには、貯蔵性は普通のジョナゴールドより数段優れるとありますが、これはよくわかりません。