ニュージョナゴールドは、弘前市一野渡の斎藤昌美氏が1971(昭和46)年3月、秋田県果樹試験場よりジョナゴールドの穂木を導入し、高接ぎした3本の内の1本が変異しているのを1973(昭和48)年に発見。翌年、高接ぎによる検定を始め、1976(昭和51)年に特性を確認しました。県外の種苗会社によって、1980(昭和55)年に品種登録されたりんごです。熟期は10月後半で、十和田市で2002年10月22日に完熟品を購入しました。
 ジョナゴールドと比べて、果皮の地色が黄緑色で、赤く縞状に明瞭に着色します。色の強さは中〜濃色で、果実全面に色がつきます。食味は
ジョナゴールドと変わりませんが、熟期はやや早めです。
 さびの発生はあまり見られません。果皮の光沢は中位で、ろう質物の量はジョナゴールドよりやや少く、果実を放置して置いても、あまりベトついて光ることはありません。