ノムラジョナは、青森県三戸郡五戸町の野村敏夫氏が、2001(平成13)年頃に自分の圃場で発見したジョナゴールドの枝変わりです。
 果色は濃紅色で、太い濃色の縞模様があり、下枝でも着色が容易で、葉取りやシルバーシート不要の省力栽培が容易な品種です。
 果重は300〜400gで、ジョナゴールドのような、べたべたした「ろう(蝋)質物」、いわゆるワックスの発生は、母品種のジョナゴールドより、かなり少ないと思います。
 果肉の質はきめ細かく、酸にまるみがあり、食感は良好なうまいりんごです。