黄秋は、ふじ金星の交配種です。青森県中津軽郡相馬村(現在は弘前市)の田中新吉氏が、昭和60年代に自宅のりんご園で交配・育成したものです。収穫期は10月中旬。果実の重さは350g前後、果汁が多く、ジョナゴールドのようにやや酸味が強い、甘酸適和のりんごです。黄色で陽光面がほんのりと淡紅色になります。
 2003年10月8日に青森駅前の店で購入しました。そのときの販売名は黄州(きしゅう)となっていました。いろいろと文献を調べているうちに、種苗会社の野村園芸農場のカタログに黄秋という似たりんごが記載されているのを見つけ、ピンとくるものがありましたので、購入したりんごをその種苗会社に持ち込んでお見せしたところ、社員が一目見るなり「あっ、うちのりんご」とうれしそうな顔をしました。社長さんは「これはうちのオリジナル品種、販売店に出ていましたか。美味いりんごですよ」ということでした。原因は、問屋か生産者が品種名を正しく読まず、また間違った漢字を当てたようです。
 その後、同年11月25日に、三戸町農産物直売所でも同じものを購入しました。販売名は黄秋でした。