2001(平成13)年10月25日、青森駅前の市場で大玉王林という販売名で購入しました。食べてみたら、王林より軟らかいのではないかなと思いました。果実の大きさは、400〜450gと大玉です。王林は普通 250〜300g程度のものが多いのです。確かに市販されていたのは大玉でしたが、果実は出荷前に選別されて大きさを揃えるので、果実の大きさを特徴として購入した市販品で議論するのは危険です。
 上図右側に大小二つの王林の果実の写真を載せましたが、これらは違う販売店で、王林として購入したものです。写真のうち、右のものが大きい果実、左の黄色いのが普通の大きさです。
 しかし、この程度の大きさの差は市販品のなかにいくらでも見られるものです。
 また、果樹のカタログ(文献)には、大玉王林として、来歴 「王林の大玉系の枝変わり」とあります。また、知人から、大玉王林は、福島県の大槻氏が、王林の枝変わりから選抜したというお話をいただいたことがあります。
 市販の大玉王林は、果点の数や、果皮のざらつきが少なく、果実の萼側の窪みが広く、王林より安定した果形で、普通の王林とはかなり違います。
 なお、類似したものに、ジャンボ王林と呼ばれるのがありますが、これは純然たる交配種で別物です。


            (文献)Harada Fruit Tree Catalog 2017