ピンク レディPink ladyは、オーストラリアで生まれた 高級りんごとして、色の鮮やかさ、味の良さ、優れた保存性などから、世界的人気を呼んでいます。

 西オーストラリア州マンジマップにある研究機関 Stoneville Research Station において、1973(昭和48)年に John Cripps氏によって、オーストラリア原産品種レディーウイリアムスゴールデンデリシャスが交配され、その実生から1984(昭和59)年に、目的とする個体が選抜されました。それがクリップス ピンクCripps Pinkという品種です。その研究機関圃場には、まだ原木が生育しています。原木前の説明板には右の様に書かれています。

 このクリップ スピンク の果実のうち、着色や糖度などが一定の基準以上のものに付けられる商標名(trademark)が、ピンク レディPink ladyです。日本国内では、輸入りんごの通信販売などで、ピンク レディという商品名でも、クリップ スピンクという商品名でも発売されていて、容易に入手できるようになりました。
 濃い赤色のやや長めの果実をつける極晩生種で、青森県では完熟できにくいといわれています。果梗のついている凹部分(梗窪=こうあ)が緑色になる特徴があり、、酸味が強くて、しかも甘く(糖度15%程度)、肉質も風味もよく、貯蔵性に優れています。しかし、収穫直後は、あまりおいしくありません。やや貯蔵しておいて、1〜2月以降(南半球産果実の場合は8〜9月)に食べる方がよいと思います。
 オーストラリア以外では、米国、ニュージーランド、イタリア、フランス、南アフリカ、中国などでも栽培されています。日本でも栽培され始め、日本国内産のものが、通信販売で手に入れることができるようになりましたが、まだ、高価です。

 販売用ホームページで、ピンク レディの果肉切断面が空気に触れても、褐変しにくいという説明を見ましたが、容易に褐変するふじ及び褐変しにくいので有名な新品種千雪と比較してみました。
 下の写真は、「千切り器」で果肉を千切りにし、小さい皿に載せ、時間の経過とともに写真を撮ったものです。ふじよりは、褐変しにくいようですが、特別褐変しにくいという品種でもないようです。

 ピンクレディの栽培に対する権利は、オーストラリアの生産団体であるApple and Pear Australia Limited (APAL)が所有しています。したがって、各国の生産者は協会をつくり、APALに対し苗木生産と商標使用に対し、一定の使用料を支払うシステムになっています。ピンクレディを日本で生産する場合は、生産農家がAPALと栽培契約を結び、日本ピンクレディ協会(2006年3月1日発足)の会員になる必要があります。個人で苗を作ったり、生産販売することはできない国際ルールです。