ラリタンは、米国ニュージャージー州立農業試験場で、1966(昭和41)年に育成された果重250〜350g、大きいものは450gに達する大型の早生りんご。日本へは、1969(昭和44)年に山形県東根市の鞄V香園によって導入されました。8月中下旬には完熟しますが、青森駅前の販売店の方の話によると「保存がきかないので8月に入ると収穫することが多い」とのことです。しかし、8月上旬では酸味が強く、甘味も少なく、まだ本当の味が出ません。
 大形果実はこうあ(
果梗側の窪み)が広く、肩が盛り上がったような感じの円錐形になりますが、小形のものは円形になります。見慣れないと別品種に見えます。
 赤い明瞭な縞模様があり、着色が著しいと縞が区別しにくくなります。果梗の一部が瘤状になる(肉梗が発達する)果実がたくさんあります。
 早生品種としては、色もよく、渋味もなく、味のよいりんごです。断面はやや黄色味を帯びた白色です。県内各地の農産物直売所に時々姿をみせていましたが、近頃は都市中心部の小売店でも相当量の果実が姿をみせるようになりました。
 七戸町道の駅では、2003年8月24日朝、完熟したものが並んでいましたが、すぐ売り切れてしまいました。熟したものは甘味もあり、多汁でうまいと思います。