レッドキューは、御所川原を種子親、金星を花粉親として、1995(平成7) 年に交配し、その実生苗から赤い個体を選抜育成したもので、開花始期は中で、5月11日頃で、果実の早期落下はあまりありません。収穫時期は(9 月下旬)の中生種です。
 貯蔵期間は、普通貯蔵で7日間、冷蔵貯蔵で60日程度とのことです。果実外観は、円錐形、全面濃赤褐色で、重さは270g前後、中程度の果実王冠は中程度、萼は少し開いており、長さは短い方です。果粉及び果皮のろう質物は見られません。こうあ(
果梗付近の窪み)にはさびがあり、がくあ(萼付近の窪み)周辺には見られません。果点の密度及び大きさは中程度で、スカーフスキンが多く見られます。
 果皮の光沢は中程度で、果梗は長く、肉梗はなく、太さは中程度です。こうあの深さは浅く、広さは狭いと思います。果肉は硬く、肉質は野や粗で、赤色です。渋味は、あまりありません。  果肉にやや香気があり、糖度は14〜15%、酸味は中くらいです。蜜は見られません。種子親の御所川原は加工用の品種ですが、この品種は、生食用にも、加工用にも供されるりんごです。ジュースは濃赤色でさわやかで、生で食べてもおいしいりんごです。
 なお、五所川原市は、この品種の苗木育成などの業務を、2016年から、五所川原市の株式会社「アグリコミュニケーションズ津軽」に委託するとのことです。