ローズハスクは、ガラブラッシングゴールデンの交雑実生から育成された品種で、育成者は長野県松本市の桜井茂雄氏です。
 1978(昭和53)年に交配を行い、翌年に発芽したものを圃場に定植し、これを高接したものが1985年(昭和60)年に結実、同年本個体を選抜。このりんごの品種登録は1989(平成1)年です。
 果実は濃い鮮紅色で、表面にろう質物をだし、よく光り、べたべたした感じになります。特有の芳香がします。どちらの交配親も大きくて立派な実をつけるのですが、この品種は、直径7.0〜8.0p、重さ100〜140gの生食、鑑賞兼用の丸くて赤い、可愛い、きれいなりんごです。果肉は黄色で蜜があります。
 断面写真のように、果実は芯部分が多く、食べる部分が少なく、食べてみたら、果肉の硬さは中ぐらいでやや粗です。甘味、酸味および果汁の多さも中位です。
 品種登録の記述には、長野県では8月下旬に成熟するとありますので、青森県では9月には収穫できるのではないでしょうか。
 弘前市のバラで有名な農園で生産されたものが、「バラの香りがする!」と印刷された12個詰の箱に入れられ箱単位で売られていました。青森駅構内のりんご販売店で、2003年10月10日に一箱購入してみました。青森県ではこの時期、うまいりんごがたくさん店頭に並んでいます。食べるためではなく、バラの花同様に、観賞用だと思って購入すると納得します。とても綺麗なよい香りのりんごです。