涼香の季節は、山形県南陽市の船中和孝氏が1981(昭和56)年に、自園のふじスターキングの混植園で発見した偶発実生とされてきました。発見以降、増殖を行いながら特性調査を継続し、1995(平成 7)年に特性が安定していることを確認して育成を完了したりんごで、山形県の種苗会社が1999(平成11)年に品種登録しました。出願時の名称は涼香でした。収穫は9月下旬〜10月上旬です。

 ただし、青森県りんご試験場
〈文献〉によると、来歴のよくわかっていなかった涼香の季節の遺伝子診断の結果、ふじの枝変わりか、あるいはアポミクシス(注)によって生じた可能性が高いといういうことです。
 果実の大きさは350〜400gと大玉で、500gのものもあります。果形は長円形、果皮は全面に赤色に着色しやすく、果肉は淡黄色で蜜入りが多く、甘酸適和です。果汁が多く、ナイフで皮を剥いていると、切り口から果汁がしみ出してくる感じです。
 青森市(旧浪岡町)で2001(平成13)年に市販され始め、翌2002年には相当量が出回りました。店頭で見かけたら試食をお勧めします。

 成熟すると花梗部付け根付近の凹部(こうあ=梗窪)に、上図のように割れ目(ツルワレ)ができることがありますが、味が悪いということではありません。品種によってツルワレができにくいものもありますが、大型の果実に現れやすく、樹上で十分充実した証拠であり、むしろ、うまい果実でもあります。

(注)Apomixis
 顕花植物において、受精をともなわない種子生産(無融合種子形成)のことをいう。胚は胚嚢細胞からではなく、珠芯や外皮の減数分裂をしない細胞から作られる。リンゴの仲間で、稀にこの現象がみられるが、アポミクシスによって、常時繁殖をしている植物には、サンザシ、ナナカマド、キイチゴ、ブラックベリー、セイヨウタンポポなどが知られている。

〈文献〉 遺伝子診断(DNAマーカー)で判るリンゴの親子鑑定・交雑和合性 赤田朝子
  
青森県りんご試験場平成15年度試験成果・情報発表会資料2004年2月13日