柳玉は、アメリカ・ペンシルベニア州の起源で、1817(文化14)年に、このりんごの記録があります。因みに、1817年はジェームス・モンローがアメリカ第5代大統領になった年、日本では、第11代将軍徳川家斉の治世です。
 1871(明治4)年に開拓使(明治2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁)によってアメリカから導入されました。
 明治・大正・昭和初期までの日本における主要品種です。明治初期に欧米から導入された品種には、勿論欧米での名前がついていました。しかし、現在のように横文字やカタカナに馴染んだ時代ではありませんでしたので、横文字名前のままでの普及は難しかったようで、最初は産地ごとに勝手に名前をつけていたため、かなりの混乱があったようです。この品種も、10号48号柳月蔓長ケ印甘露など、いろいろな名前で呼ばれていましたが、1900(明治33)年の第6回名称選定会までに柳玉という名前に統一されました。
 大きさは中〜大。形はやや扁平な円筒〜円錐形。淡黄に桃紅色で、果梗附着点付近(梗窪=こうあ)にサビが生じます。
 果肉は硬くて白色、甘酸適和で芳香があります。10月中旬から11月に収穫できます。英名にCiderとありますが、これはりんご酒製造に適するということを表す言葉です。
 豊産で果汁が多かったのですが、味が淡白で貯蔵力も年内という弱さのためでしょうか、国光紅玉の増加に抑えられてしまいました。津軽では「ツルナガ」と言われました。何でそのように言うのでしょう。柳玉
明治時代における青森県のりんご7大品種の一つです。


  弘前りんご公園よりいただきました。