彩来を初めて見たのは、2004年のことです。三戸町の直売所で「彩来ふじ」の商品名で購入したものです。また、2009年に板柳町のふるさとセンター品種見本園で「彩来」として植樹されているリンゴが開花していたので花を撮影しました。さらに2012年12月14日に、三戸町の知り合いの林檎屋さんから「彩来」を2個いただきました。500gを超える大きいリンゴでした。
 店主の方が、「秋田県の民間のリンゴ栽培者が、自園で千秋の枝変わりから選抜したリンゴだそうです。三戸町では、複数の方が栽培しています」と、教えて下さいましたが、交配の結果できたならわかるのですが、千秋の枝変わりで、こんなふじそっくりの花が咲き、果実が生じるとは、不思議です。
 糖度を測定しましたら14.5%で、食べてみましたが、肉質・食味とも、ふじと似ています。実の熟し具合から、収穫期は10月末ではないかと考えます。大きいものは長円形、小さいものは円形の果実になりやすいようです。
 専門家も頭を捻っているようですが、私は、素人。今のところ、これ以上のことはわかりません。