サマーキングは、1800年代の早い時期に、ノースカロライナからケンタッキイに持ち込まれ、注目されたりんごです。ケンタッキイではキングという名称で知られ、1850年頃には経済的に重要な品種でしたが、いつの間にか、その存在が忘れられていきました。 しかし、 1986(昭和61)年に、アラバマのリンゴ収集家のJoyce Neighbors 氏により、再発見されています〈文献1〉
 日本へは明治時代に、アメリカから導入されました。7月から8月にかけて成熟する早生リンゴです〈文献2〉
 昔は重要視されたらしいのですが、今はあまり見かけませんし、有名でもありません。少し、ゴツゴツした感じの濃赤色の果粉をつけたリンゴです。食べて見ましたが、
ビスタベラのような味と肉質を持っているように感じました。色や形も似ています。こちらの方が、ビスタベラより、はるかに古い品種です。ビスタベラサマーキングの遺伝子が入っているのでしょうか。どなたかお分かりでしたら、教えて下さい。
 弘前市石川の道の駅で2009年8月6日に購入しました。

 (文献)  (1)  PlantFiles: Apple Malus 'Summer King'
 
http://davesgarden.com/guides/pf/go/87467/
   (2)   リンゴ品種大観 長野県経済事業協同組合連合会 昭和61年8月