さんさは、農林省園芸試験場盛岡支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)が1969(昭和44)年にあかねの花粉をニュージーランド国立科学産業研究所に送り、同年、同所でガラとの交配を実施し、翌年に送付された種子からの実生を育成・選抜した品種。
 1986(昭和61)年に命名、1988(昭和63)年の登録です。
 熟期は9月上・中旬で
つがるよりやや早く収穫できます。名前は「さんさ踊り」にちなんでいます。果形は円〜円錐形で、鮮紅色にきれいに着色。太い不明瞭な縞模様がみられます。
 大きさはつがるよりやや小さく、200〜300g程度。果汁が多く、歯切れもよく、酸味も甘味もきいたりんご。
 完熟した樹上のたわわな果実は、光り輝いて、ひときわ目立ちます。