さんたろうは、農林水産省果樹試験場盛岡支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)において、1976(昭和51)年にはつあきスターキングデリシャスを交配し、その実生群から選抜し、2000(平成12)年に育成を完了、2003(平成15)年に品種登録したりんごです。収穫時期は10月上旬。普通貯蔵で2週間、冷蔵で80日程度と言われています。
 果重が350g前後と大きく、果形は円形、果皮は縞状濃赤色に着色します。しかし、暖地では着色がやや劣ります。甘味は十分でありますが、やや酸味が強いことから、加工原料としても優れてるとされています。甘酸の調和の具合や歯ざわりは
ジョナゴールドを連想させます。

 果樹研究所リンゴ研究拠点(盛岡市)の公開日にお邪魔して
さんたろうのジュースを試飲させてもらいました。素晴らしくおいしいと思いました。