美丘、旧名さしゃは、1977年(昭和52年)に、弘前市一野渡の山下豊光氏が自園に於いてふじに人工授粉(王林世界一の花粉を石松子と混合した物を使用)し、その実生の中から選抜・育成したりんごで、1999(平成11)年に育成を完了したものです。
 2002(平成14)年にさしゃという名で品種登録されたりんごで、さしゃを漢字にすると紗々ですが、チョコレートに同名のものがありますので、仮名で表しました。出願時の名称はゆらぎでした。
 しかし、事情により、2010(平成22)年から、種苗会社の商標名(Trademark)を美丘
(みおか)とし、苗木、果実ともに、この商標名を使うことになりました文献
 今まで使われたさしゃという登録品種名は無くなりましたが、さしゃの名は消費者の間にも大分浸透していますので、ある期間、愛称としては残るかもしれません。収穫期は11月上旬です。

 果実の外観が円形で重さ500〜600gの大型のりんご。果皮の地色は黄緑で、果皮を覆う色は赤ですが、あまり濃い赤ではありません。濃赤の縞模様が目立ち、果肉は少し黄色です。果実の花梗部付け根付近の凹部(こうあ
=梗窪)が深く、そこに特徴的にさびが見られます。果皮のろう質物は少ないので、果実がピカピカ光ることはありません。
 このりんごは、収穫直後にりんご園などでかじるような品種ではありません。追熟させると本当の味が出るりんごです。収穫直後は、薄味で、あまり感心しませんが、一ヶ月ほどたつと、このりんご独特の味を楽しむことができるようになります。また、保存の効くりんごで、弘前市のりんご園から通信販売で、2007年5月末に、冷蔵庫で保管したものを購入しましたが、他に例をみない良好な保存状態で、味は抜群でした。味、香り、舌触り、口の中であふれるさわやかな果汁など、消費者をうならせるものでした。

 成熟すると花梗部付け根付近の凹部(こうあ=梗窪)に割れ目(ツルワレ)ができることがあります。品種によって、できにくいものもありますが、できたからと言って、味が悪いということではありません。大型の果実に現れやすく、樹上で十分充実した証拠であり、むしろうまい果実です。このりんごも、割れ目ができやすいようですが、栽培の工夫や樹齢の増加とともに、割れ目のでる果実は少なくなります。割れ目のでた果実は、道の駅などの農産物直売所で早々に発売されますが、お買い得です。購入が11月初めでしたら、少し室内で保管しておいてから味わって下さい。家庭用としては十分です。

 このりんごとの最初の出会いは、2003年11月30日のことです。弘前市石川の道の駅で購入したのが始まりです。購入直後は、やや硬めで、きめは少し粗雑ですが、果汁はとても多く、酸味は弱く、甘さももあまり強くなく、糖度は13%前後でした。あまり香気はなく、かすかに渋味がありました。11月や12月は、ふじ金星など濃い味のりんごがたくさんあるのに、この時期にしては珍しい、薄味の多汁でさっぱりしたりんごだと思いました。
 11月末に購入したりんごを台所の棚に放置しておき、翌2004年1月21日に試食してみたところ、驚いたことに、歯ざわりもよく、多汁で、香りもあり、酸味も甘味も適当な、味の濃い、極めてうまいりんごに大変身していました。収穫直後よりもやや保存しておいた方が味が出るりんごです。炊事をする台所に放置しておいても十分に保管できたのですから、冷暗所に注意して保管すればもっと好結果が得られると思いました。
 あまりに美味しかったので、試食の翌日
、弘前市石川の道の駅に出かけ、再び手に入れることができました。
 早速、糖度を測定してみると、陽光側で15.6%、日の当たらない部分でも14.9%でした。昨年11月末の測定値が13%前後でしたので、貯蔵中に糖度が増加しているようです。多汁で甘く、酸味も適度で果肉は硬く、大変良好な状態でした。渋味もありません。11月末には薄味のりんごだったのが、十分に熟した1月には甘酸適和の味の濃いりんごになっていたわけです。
 翌2004年12月5日に弘前市石川の道の駅で、このりんごが販売されていました。この年は暑い夏で、11月も記録的な暖気が続きました。そのせいでしょうか、昨年度のような未熟な感じはなく、完熟していておいしくいただくことができました。消費者の評判がよく、この年は年内に完売し、翌2005年1月には入手できませんでした。
 また、近頃(
2012年記載 )は、12月半ばになってから、小売り店に顔をみせるようになりました。機会があればぜひ、皆さんに味わっていただきたいりんごです。

 (文献)  Harada Fruit Tree Catalog 2010