品種の名前ではありません。果実に字や絵を浮きあがらせたりんごのことです。シールりんご創作りんご飾りりんご絵入りりんご創作文字絵入りりんごなどといわれます。
 除袋直後の、着色していない白い果実に字や絵を描いた透明なシールを貼付して日光にさらすと、光が当たった部分が赤くなるので、はっきりと字や絵が浮き上がります。ふじ陸奥スタークジャンボなどが使われます。
 果実に光が当たらないようにするシールに相当する部分は、柔らかい粘着性のプラスチックで作るなどいろいろと改良されています。
 お祝い事、行事の記念用などに作られ、見事にできたものは高価で取引されます。
 右の篭入りの見事な2個のりんごは、私どもの慶事に、弘前市の方からいただいたものです。「あまり明るいところに飾ると、黄色い部分にも色がついて、模様がぼけてきますよ」と、親切なご注意をいただきました。爺・婆の二人、感激しております。心からお礼申し上げます。

 2015(平成27)年11月7日に、弘前中央青果で、来年の干支である申や七福神などの縁起物を描いた絵入りりんごのセリが行われました。上場されたのは、陸奥スタークジャンボなど約300点。最高値は、1個売りでは、七福神を描いた直径15cm大のスタークジャンボが5万円。セットものでは、七福神と干支の申など26個の陸奥を組み入れた宝船が10万円の高値となったそうです(文献1)

 りんご切片を凍結真空乾燥させたスナック菓子はおなじみですが、絵入りりんごをまるまる乾燥させた加工品も登場してきました。色や形を保ったままの凍結真空乾燥品です。味よりも珍しさが先に立ちます。乾燥を保つと長期間保存ができます。食べるとうまいし、いい香りもします。もちろん、果汁はまったくありません。
 りんごの品種によって色が褪めたり、保存が利いたりといろいろあるようです。実験の結果、陸奥が色も褪めず結果がよいようです。


 以上に述べたように、生物としてのリンゴの性質を利用して作ったシールりんごではありませんが、果実表面に絵や字を印刷したリンゴが市販されることがあります。

 新聞紙上〈文献2〉に、「2007(平成19)年3月17日に青森市で開催される世界女子カーリング選手権を支援するために、ある会社が絵入りリンゴを発売した。売り上げの5%を県カーリング協会に寄贈する」「厳選した県産ふじに植物性の白い食用インクで印刷。絵柄はカーリングのストーンをモチーフにしたもので青森市内の画家池田海さんが描いたもの…」という記事が写真入りで出ていました。趣旨に賛成して、早速購入してきました。食べてみましたらおいしいりんごでした。

 上の写真右側にある黄色い矢印部分のように、白い塗料をナイフで擦り取ると赤い色が現れます。また、商品に貼付されている説明書にも「体に全く害のない食用インクで印刷されているりんごです。どうぞご安心してお召し上がり下さい」とありました。このリンゴを何と呼べばよいのでしょう。印刷りんごでしょうか。
               (文献)   1. 東奥日報 2015年11月8日
2. 東奥日報 2007年3月6日